ビットコイン 分裂問題

ビットコインがいま、一つの転換期にきている。

ビットコインはその性質上、利用ユーザーが増えれば増えるほど、一回の取引にかかる時間やお金、そして、取引の成約率などが変わってくる。

増えれば増えるほど時間がかかるが、このかかる時間というのは、一回の取引にかかる手数料をあげてば早く取引を終わらせるようになっている。逆に取引の手数料を設定していない場合は、取引開始から終了まで1日や2日かかることだってありうる。また、取引自体が途中で成立せずに返還されることもあるので、ビットコインにおいてはユーザー数の増加に対する問題は急務なのだ。

この問題に対し、取引の仕組みを根本から改善しようっていう派閥と、そんなのいいからとりあえず仕組みそのものを分裂させてとりあえず速度改善しようっていう派閥がいて、争っているのだ。

この論争の結果次第では、コインの価値が大きく動き、大損するか大儲けするかがかわってくる。ここが一つの分かれ目となり、ビットコインがしばらく荒れることになるかもしれません。今のうちにビットコインについて勉強を始めて、取り掛かっておくといいかもですね。

楽天ウェブサービスセンター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする